白髪染めで若返る|年だからと言い訳しない

女の人

髪を労わりながら改善可能

シャンプー

白髪染めをする方法の一つとしてトリートメント剤を使用するものが挙げられます。髪を傷めるジミアンを含まないため、髪を保護しながら白髪を目立たなくすることができるのです。週に数回継続して使用をすることで、他の人に気がつられずに白髪染めができます。

この記事を読む

色合いの美しい潤った髪に

ヘアカラー

カラートリートメントを使用すれば、シャンプー後に手軽に白髪染めができる上に、保湿成分によって髪質を向上させていくことができます。カラーリング剤と異なり、カラートリートメントの染料はゆっくりと浸透していくのですが、その分低刺激です。また、定期的な使用により、美しい色合いや潤いを保つことができます。

この記事を読む

若さを保つ

髪染め

年齢と共にどうしても増えてくる白髪、ケアするためには白髪染めが欠かせません。最近の白髪染めは、従来のクリームをハケを使い染めていくタイプ、新発想の手袋を着用し直接泡をつけていくタイプやトリートメントタイプなどさまざまなものが提案されています。ハケや泡の白髪染めはしっかりと染めたい方におすすめです。1回の使用で約3週間くらいは持ち使いきりタイプです。そしてシャンプー時に手軽に染められ注目を集めているトリートメント、少し目立ってきた白髪に効果的で髪になじませるだけでオーケーで、10分くらいと短時間で完了してしまいます。またその他にはマニキュアのような、お出かけ時にちょっと隠したい場合などに用いることができるものもあるようです。

白髪染めを販売している各メーカーでは、満足してもらえるようさまざまな取り組みを行っています。例えば、髪へのダメージを軽減し美しさを保とうしていることです。ヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分で髪の保湿を求めたり、頭皮のケアには植物由来の天然成分を配合したりといった具合です。また豊富なカラーラインアップを実現し染まりを良くするため、染料をプラスイオンへと変化させているのも結構みられています。そして実際白髪染めを行う場合には、いろいろなアイテムが必要です。手袋や櫛、ブラシをはじめ染料から洋服を守るケープやタオル、染めた後になじませる効果を高めるヘアキャップなどです。床に新聞紙などを敷いてからするのもいい方法だと思われます。

つやめく髪質に

洗髪

ノンシリコンシャンプーは一般的なシャンプーに含まれているシリコンが配合されていないシャンプーです。頭皮へのダメージが少なく、カラーリングもしやすくなります。さらに、使用した後は髪に軽さが出てきます。

この記事を読む